• HOME
  • 中央学術研究所とは

中央学術研究所とは

広く思想・文化・科学等との関連のもとに、宗教、特に仏教を研究し、以って有用な人材を育成し、人類の文化と世界平和への寄与を目的として、政治・経済・社会・文化等のあらゆる分野の学識経験者の協力のもと、“基礎研究”および“今日の課題”に方向を与えながらさまざま研究活動を展開している研究機関です。

基本方針

  1. 現代社会の諸問題に対して、宗教的洞察を基盤とした研究を行い、問題解決の指針を提供し、人類の福祉の向上と平和の実現に寄与する。
  2. 広く内外の学識経験者および研究機関の協力を得て、宗教性・学際性・国際性の豊かな研究所としての特色を発揮する。
  3. 宗教文化、学術文化の向上と有為な人材の養成に貢献する。

所員・研究員

中央学術研究所 所長:川本貢市
顧問、講師、客員研究員、学術研究室室員、委託研究員

行事

  • 善知識研究会(年1回)
  • 教団付置研究所懇話会に参画(年1回 その他分科会等)
  • 宗教・研究者エコイニシアティブに参画(年1回)

研究所刊行物

  • 『中央学術研究所紀要』(年1回発行)
  • 『PHILOSOPHICA ASIATICA』(不定期)
  • 『原始仏教聖典資料による釈尊伝の研究』(不定期)
  • 『アーユスの森新書』(年2~3回発行)発売:佼成出版社
  • 『CANDANA』(年4回発行) 他

ページTOPへ

COPYRIGHT(C) Chuo Academic Research Institute ALL RIGHTS RESERVED.