• HOME
  • 「明日への提言」

「明日への提言」

三国因縁釈迦一代伝記について(後編)

岩井 昌悟(東洋大学教授)

 

釈迦一代記五之目次

一、降魔コウマノ相

二、十魔名義并ニ魔ノ細釈(又大論ノコヽロニヨルニ…)

三、十魔ノ釈義并ニ第一五蘊仮和合降魔ノ相

四、第二煩悩魔ノ降相

五、第三業第四心魔ノ降相

六、第五死魔第六不ベン正法魔ノフク

七、第七八九失善根シツセンコンマイシキ魔ノ相

八、外ノ相

九、天魔キャウ

十、四ニョ障相シャウサウ(受胎経・瑞応経等ノ意ナリ)

十一、魔王障礙シャウゲナン

十二、菩薩ト魔王ト宿福勝劣シュクフクシャウレツ往復対弁ワウフクタイヘン

十三、 魔王仏ケヲヰルカヘッ青蓮華シャウレンケヘンズルノ妙ジュツ

十四、魔女三人ノ敗北ハイホク

十五、魔王及ヒ軍衆クンシュリキヲ以障難シャウナンヲナスノ述

十六、 魔王カ長子チャウシ帰依キエ仏ノ弁(已上三世因果経・観仏三昧経・瑞応経・雑法蔵経等ノコヽロナリ)

十七、降魔成就シャウジュノ相

十八、菩薩所断惑タンワクノ相

十九、マサシク仏ケ成道ノ相并ニボン転法輪テンボウリンヲ請ノヨウ

二十、千仏出世ノ因縁インエン并ニ梵王及ビ密迹金剛神ノ本縁(正法念経ノ説ニヨルニ…)

廿一、二王神ノ説

廿二、サイ初法輪ニ所度ノノ分別

廿三、斯那利シナリ行三受ノ弁

廿四、優波伽ハキャ外道帰仏ノ縁

廿五、毒竜トクリウホウノ縁(本起経ノコヽロナリ)

廿六、五比丘仏ヲ信セサルノ述

廿七、五比丘帰仏信仰シンカウ

廿八、仏陳如チンニョ教誡ケウカイシ玉フ弁

廿九、四比丘ノ得度トクド

三十、耶舎長者シャチャウジャ感夢カンムニヲドロキ并ニ告令カウレイニヨリテ仏所ニ来リ三帰戒キカイヲウクルノ術

卅一、耶舎朋友ノ五十五人帰仏得度トクド

卅二、優楼頻螺ウルビンラ帰依キエ仏ノ事実ジジツ

卅三、毒竜トクリウノ帰仏

卅四、那提伽耶ナタイカヤノ二迦葉コノカミニシタガフテ帰仏セルノ述

卅五、仏王舎ワウシャ城ニユキ頻婆娑羅ビンバシャラ王ヲ化シ竹園精舎チクヲンシャウシャサン住シ玉フ弁

卅六、舎利弗目犍連ケンレンノ帰仏并ニ馬勝メシャウ比丘テン語ノ得益トクヤク

卅七、初化度ショケドノ一千二百五十五人随従スイシウノ相

卅八、大迦葉ノ帰依


仏釈迦一代記六之目次

一、 四ノ名義并ニ釈氏シャクシセツ(梁高僧伝・法苑珠林等ノコヽロナリ)

二、仏ケ及ビ弟子デシ本縁ホンエン(已上普曜経ノ説ノコヽロナリ)

三、仏ケ還国ケンコクシテ父子対面フシタイメン(已上普曜経ノコヽロ)

四、仏ケ忉利トウリノホリ摩耶マヤト対面

五、仏ケ切利ヨリクダリ玉フノサウ(已上仏昇忉利天為母説法経ニ見ユ)

六、生身金像シャウシンコンサウ尊対顔ソンタイカンシュツ

七、一代説経ノ大并ニ三テンリン

八、修多羅シュタラ翻名ホンミャウ

九、カイノ字ノ沙汰サタ

十、キャウノ字ノ沙汰

十一、総別ソウヘツ二種ノシュ多羅

十二、偈頌ケシュ翻名ホンミャウ并ニ四種八種ノ弁

十三、授記シュキノ名義并ニ多説

十四、無問自説ムモンシセツノ述

十五、尼陀那ニタナノ二説

十六、譬喩ヒユノ沙汰

十七、本事梵語ボンジホンゴ訂正テイセイ

十八、本生ノ述

十九、方広ハウクワウ大小乗ノ別

二十、希有ケウ経ノ多説

二十一、仏ケ石室セキシツ影現ヤウゲン

二十二、須達シュタツ鸚鵡ワウム聞法モンハフ

二十三、四悉曇ノ述

二十四、仏ケノ応同ヲウドウ并ニ維摩ユイマ化迹ケシャク

二十五、仏ケ二比丘化導ケダウ分別フンヘツ

二十六、転法輪テンハフリンノ字義

二十七、仏ケ随類形スイルイギャウシュツ(観仏三昧経ノ文ニヨルニ…)

二十八、 仏ケ曠野鬼クワウヤキシ玉フ神変シンベン

二十九、仏ケ四種化度ケトサウ

三十、如来一代所説ノ次第

三十一、仏ケ所説ノ大リャク

三十二、法沙汰サタ

三十三、漏刻ノツモリ時ヲシルノ弁

三十四、ケン功用クヨウ

三十五、ハタホコノ七義

三十六、ライノ多説

三十七、テンノ沙汰

三十八、雨ノ沙汰


釈迦一代記七之目次

一、鸚鵡林ワウムリン化導ケダウ(百縁経ニ見ヘタリ)

二、仏難陀ナンタヲ化度シ玉フシュ々ノ方便ハウベン視誨シケ(雑法蔵経ニ見エタリ)

三、仏エイ諸悪心ヲヤメ玉フノ事実ジジツ(西域記ニ見エタリ)

四、仏セン生長者カ子ニ今世後世長寿富貴チャウジュフウキハフ玉フ述(優婆塞戒経ニ見エタリ)

五、須達シュタツモトムルノ縁并ニ婆羅バラ門護童女トウニョヲ見タツルノベン

六、須達護弥コミカ家ニイタリ仏出ヲキクノ述

七、須達霊山リャウゼンイタリ仏ニアヒタテマツルノエン

八、須達仏ヲ舎衛シャエニノゾムノ述并袛園精舎ギヲンシャウジャ建立コンリウ

九、蟻子ギシノ長メイ

十、竹園林勝地チクヲンリンシャウチサウ(曇無徳律ニ出タリ)

十一、仏事ヲ月光ノ四種ニタトフルジュツ

十二、仏説ヲ月光ノ二ニ譬ノ術(又大婆沙バシャ論ノコヽロニヨルニ…)

十三、仏純陀ジュンダ微賤ミセンノ供養ヲウケ玉ヘルノ述(涅槃経ニ出タリ、レウ法師釈シテイ云ハク

十四、世俗至信セソクシシンモトトシテ多少貴賤タセウキセンニヨラサルノ妙述メウジュツ書経君陳ショキャウクンチンノ篇云ヘンニイワク左伝隠公サテンインコウノ伝云テンニイワク周易既済卦シウエキキセイクワ云)

十五、仏滅後フツメツゴ遺誡ユイカイ(涅槃経ニ出タリ)

十六、仏涅槃ニ順逆シュンギャク超越定テウヲツチャウノ相(涅槃経ニ出タリ)

十七、仏涅槃ヲ非情ヒジャウノ哀タン

十八、如来双林集来衆サウリンシュライシュノ相

十九、須抜陀シュハツダカ因縁

二十、仏涅槃ノ相

廿一、斉業斉縁サイゴフサイエン涅槃ネハン差別シャベツ

廿二、仏頭北面西ヅホクメンサイ右脇臥ウヤククワニシテ涅槃ニ入玉フノ弁釈ヘンシャク

廿三、双樹林サウジュリン下ノ涅槃ニ標相ヒョウサウ

廿四、如来涅槃ノ月日ツキヒ沙汰サタ

廿五、如来十五日涅槃ノ例表レイショウ(已上涅槃経ノコヽロナリ)

廿六、如来中涅槃ノ表相

廿七、四エイ双林サウリンノ表相并ニ多説タセツ

廿八、一切大衆入メツ悲哀ヒアイセルノ相(後分涅槃ニ見エタリ)

廿九、如来ノ寿命七十九歳八十歳八十一歳会釈エシャクノ述(最勝王経サイシャウワウキャウニハ…、婆沙ハシャ論ニハ…、周書シウショ等ニハ…、倶舎論クシャロン第三ニ云ク)

三十、仏金棺ニ入玉フノ相(菩薩処胎経ニ出タリ)

卅一、摩耶夫人マヤフニンスイ現相ケンサウ

卅二、摩耶ノ五悪夢アクム

卅三、如来涅槃ノ相ヲリツ忉利トウリニノホリ摩耶ニツクルノ述

卅四、摩耶忉利トウリヨリ下天シ仏クワンニチカツキ悲歎ヒタンシ玉フノ相述

卅五、化仏ケフツ摩耶ヲ勧誘クワンイフシ玉フノベン(已上摩耶経ニ見エタリ)

卅六、阿難鶴林アナンクワクリン母子相見モシサウケンシキトフノ術

卅七、仏金棺キンクワンノ中ヨリ迦葉カセフ伝法附属テンホフフゾクノ術

卅八、仏身聖火シャウクワヲ以テ荼毘ダビシ玉フ述

卅九、荼毘タビヲハリテ帝釈タイシャクヲトリ忉利トウリニノボリタウタテ供養クヤウシ玉フ述


釈迦一代記八之目次

一、西域サイイキノ四サウ

二、舎利シャリ滅後メツコヤクタル事ヲシメ

三、正法シャウバウ五百年伝法次第デンバウシタイサウ

四、像法ザウハウ千年仏法衰尽スイジンノ相

五、倶睒弥国クタンミコクノ三ザウノ弟子ト羅漢ラカンノ弟子トタガヒ殺害セツカイスルノ述(摩耶経ニ出タリ)

六、仏舎利ヲ三分スルノ術并ニ八国ノ帝王闘諍テイワウトウシャウノ相(双巻泥洹経・大般涅槃経・菩薩処胎経ノ意)

七、仏涅槃ヲ魔外道マケダウノトモガラ聞テ教経ケウギャウ破滅ハメツセント歓喜クワンギスルノ相

八、一代諸経結集ケツシフノ相

九、阿難結集アナンケツシフノ衆ニ入ザルノ述

十、憍梵波提ケウボンバダイ忉利天ヨリ来下ライゲシテ水音説法スイヲンセツハフシ玉ヘルノ妙術メウジュツ

十一、阿難得果アナントククワシ報恩蔵ニ入リ一切法サウ経結集シ玉ヘルノ術(已上智度論ノコヽロナリ、此ノホカ法苑珠林ハフヲンシュリン多説タセツアリ)

十二、阿難ハ附法フハウ第三タルノベン

十三、阿難ハ二イツレノ弁

十四、商那和修シャウナワシュデン

十五、優婆毱多ウバキツタ如来ノ讖記シンキニアヅカリ并ニ石室籌量セキシツチウリャウ益物ヤクモツ(已上道誠記註ノコヽロナリ)

十六、毱多伏魔フクマ神力シンリキ(釈氏稽古略ニ出タリ)

十七、阿育王アイクワウ宿因シュクインノモノガタリ(賢愚経ニ出タリ。阿難経ノコヽロハ少々異アルナリ)

十八、仏宿福シュクフク因縁インエン

十九、大小権実部別ゴンジツフベツノヲコリ

二十、小ジャウ沙汰サタ

廿一、戒賢カイケンクワウ空有クウウノ論

廿二、十一祖耶奢ソヤジャ尊者ソンジャデン(付法蔵伝ノコヽロナリ)

廿三、十二祖毘羅ソヒラ尊者龍蛇リウヂャニ三帰戒キカイ授与ジュヨシ并ニ龍樹リウジュ附法フハフシ玉ヘルノジュツ(付法蔵伝ニ見エタリ)

廿四、龍樹リウジュノ伝

廿五、ミャウ龍樹リウジュ天親造論テンシンザウロンノ術

廿六、天親倶舎論ジンクシャロン製述セイシュツ由来ユライ

廿七、天親小セウステ大乗ニスルノ縁

廿八、提婆ダイバ菩薩諸論士ショロンシ教化ケウケノ相(成道記ノ註ニ見ユ)

廿九、提婆ダイバ菩薩廟神ビョウシンフクセルノ述

三十、陳那チンナ菩薩伽毘羅カビラ方石ハウセキ摧破サイハシ玉フノ神力シンリキ(永明心ノ賦註ニ見エタリ)

三十一、遺経ユイキャウ流布ルフサウ

卅二、天竺テンチク経像キャウゾウ真丹シンタン将来シャウライノ始ケン

卅三、天人来下ライゲシテ道宣ダウセン侍坐ジザセルノ術

卅四、道経仏経ダウキャウフツキャウ優劣ウレツ捔論カクロン(三教優劣論・編年通論等ノコヽロナリ)

卅五、翻訳ホンヤク字義ジギ并ニタトヘ

卅六、真丹仏教シンダンフツケウ興隆コウリウ時節ジセツ

卅七、仏図澄ノ神異并ニ石勒セキロク悪心アクシンシ玉フノ妙術メウジュツ(已上高僧伝ノコヽロナリ)

卅八、道安ダウアンノ伝(梁僧伝稽古略等ニ出タリ)

卅九、慧遠エヲンノ伝并ニ東林寺トウリンジ造立ザウリウ蓮華漏レンゲロウノ事

四十、達摩ダルマノ伝并梁朝将来リャウテウシャウライ

四十一、慧可法嗣カハフスノ術(伝往経ニアリ。略シテ一義ヲ挙ルノミ)

四十二、真丹仏教シンダンフツケウ紹隆セウリウ始祖シソ

四十三、慧恩禅師エヲンセンジ達摩タルマ勧誘クワイウニヨッテ本朝ホンテウ聖徳皇シャウトククワウト生ジタマフノジュツ

四十四、聖徳皇シャウトククワ日域誕生ジチイキタンジャウ并ニ像経将来ザウキャウシャウライ付太子制疏セイショ年月ネンゲツ

四十五、太子片岡カタヲカ山ノ飢人キニンアヒ玉ヘルノ詠歌エイカ

四十六、三国ノ仏法弘通クツウスル事モトヲンヨリヲコルノ述


目次畢

3.特徴

 まず全体の結構であるが、「釈迦如来本迹二門ノ沙汰」(巻一一一)ではじまること、『釈迦一代伝記』と題しながら内容が仏滅後の龍樹・馬鳴・天親・提婆・陳那にまで話題が及ぶことから、唐の王勃撰『釈迦如来成道記』やその註である道誠『釈迦如来成道記註』に直接の影響を受けていることは明らかである。このことは先に引用した、『釈迦如来成道記』に言及する「凡例挙要」からも確認できる。

 また巻八で、道宣、仏図澄、道安、慧遠、達摩、慧可、さらには『三教優劣』を引いて道経と仏経の優劣に言及するところから、明代の『釈氏源流』を参照しているかもしれない。

 『三国因縁釈迦一代伝記』の釈尊は19歳出家(巻三─卅五)、12年修行、30歳成道である(巻四─十九)、50年説法(巻六─七)である。「一代四教五時ノ説法」(巻六─七)である。

 「凡例挙要」からも明らかであるが、『三国因縁釈迦一代伝記』は啓蒙目的で著わされた著作であり、娯楽的要素は皆無といってよい。また典拠もかなりしっかり示されており、学術的な典籍といえる。

 内容をいちいち紹介できなくて残念であるが、際立って学術的なところは、六年苦行説と十二年修行説ノ会通をはかる巻四─十九、巻六─七以降の「十二分経」の解説、巻五─二以降の「十魔」の分類の解説、巻七─廿九の仏涅槃時の寿命について79歳説と80歳説と81歳説の会通をはかるところ等であろう。

4.位置づけ

 私はかつて『近代化と伝統の間─明治期の人間観と世界観』所載の「日本近世仏伝文学の世界」の中で下記のように書いたことがある。


 日本で最初期の「実証的・合理的な、諸ゴータマ・ブッダ伝」は井上哲次郎著『釈迦牟尼伝』(前川文栄閣、初版一九一一年)であろう。井上哲次郎は序において次のように述べる。


「……然るに印度哲学中釋迦傳は往々人の爲に謄寫して傳へられ、竊に其訛傳の多からんことを恐る…(中略)…釋迦の事績は正確なる事實を執へて、之れを叙述すること極めて困難なるものなり、是れ後世の佛教信者が祖師の人格を尊崇するの極、多く神怪不思議の説話を混入したればなり。試に從來我邦に行はれたる釋迦傳の類を見よ、滔々として皆是れ荒唐無稽の小説のみ、藏經中釋迦の事績を敘述するもの少くも十有餘種ありと雖も、是れ亦注意に注意を加えて、取捨せざるべからざるなり。近世西洋に於ては佛教の研究、漸く其緒に就き、釋迦の事績に關する書類、反りて大に見るべきものあり、然れども是等の書類は、未だ多く我邦人に知られざる者の如し。此時に當りて余其才の謭劣を顧みず、東西洋の書類を參考し、聊釋迦の事績を描出することを努めたり。若し此書にして久しく荒唐無稽の説話中に埋沒されたる世界的偉人の眞相を彷彿として紹介するを得ば、是れ豈に獨り余が幸といふのみならんや10(傍線筆者)。


 傍線をほどこした「訛伝」、「荒唐無稽の小説、説話」といった表現で切って捨てられたのが、近世の日本の仏伝なのである。井上哲次郎の念頭にあるのが具体的にどの書であるかは分からないが、恐らくは山田意齋『釈迦御一代記図絵』(1845年)、万亭応賀『釈迦八相倭文庫』(1845~1871年)、鈴亭谷峩『八宗起源釈迦実録』(1854年)といったものであろう11


 19世紀の日本の仏伝文学は著しく通俗化されたものがはやっていた。訛伝の特徴としては①マガダ国のカピラ城などとして、釈尊をマガダ国の出身としたり、②仏母マーヤーとその妹マハーパジャーパティー・ゴータミーの関係が逆転し、姉が憍曇弥、妹が摩耶となっていて、さらに姉の妹への嫉妬は尋常ではなく、太子を懐妊した妹・摩耶を姉・憍曇弥がひどく妬み、堕胎させることを試みたり、摩耶を呪詛させて、結果3年にわたって釈尊の出胎が妨げられる、⑤修行場所が檀特山→般若台→雪山と推移する、といったことがあげられるが、これらの特徴を具備する一番古い典籍は『釈迦八相物語』(作者未詳、寛文六年十一月刊行寛文六年(1666)版、『日本仏伝文学の研究』所収12)である。元禄5年(1692)刊という情報を信ずるなら、19世紀の仏伝が、上記の特徴を全く含まない『三国因縁釈迦一代伝記』を全く無視する形で、『釈迦八相物語』をモデルにしたのは少し残念である。学術的なものはいつの時代もあまり大衆に受けないというか。

 しかしながら玄貞(あるいは了意)が訛伝を意識したかもしれないと思われる箇所を二点だけ紹介してこの稿を終わりとしたい。

 巻三─六「摩耶悉達ヲ生ジ玉ヒテ七日ニ命終シ玉フ太子逆罪キャクザイニアラザルノ述」に下記がある。

 サテ太子生レ玉ヒテノチ七日ニ、御母摩耶夫人マヤブニン命チヲワリ玉ヒヌ。三界ノ独尊ドクソントナリ玉フ仏体ヲ懐孕ハラメル功徳力クドクリキニヨッテ自然ジネン上忉利カミトウリ天に生ジ玉ヘリ。是レニツイテ仏ケ右脇ウケウヲヤブリテ生ジ玉フ故ニ七日ニヲワリ玉ハヾ逆罪ギャクザイノ其ノ一ニアラズヤトナリ。

 釈迦が母の右脇を突き破って生まれたことで母を死に至らせたという発想に対して13、玄貞(あるいは了意)は大真面目に反論し、『仏本行集経』を引いて14、菩薩はあらかじめ、出家時に母の心を砕裂させないために、誕生後7日に亡くなる女人を母として選ぶといった趣旨のことを述べる。

 巻三一卅八「太子王宮ヲ出玉フノ現瑞」では、出家して道路を三由旬那来た「此ノ地」に対し、「此地トハ阿那广国ト云又ハ檀特山ノフモトヽモ云ナリ」と割注を挿入している。

 最後にこれほど貴重な典籍に引き合わせてくださった川崎ミチコ先生に心より御礼申し上げる。

_______________________________________________

 6 この亮法師の釈は『釈迦如来成道記註』(卍続蔵75、p.12b13)の「亮法師釋云。佛意不欲棄少從多…」

 7 十冊本ではここから八之末に所載。

 8 『釈迦如来成道記』は「觀夫釋迦如來之垂迹也」で始まる。

 9 岩井昌悟「日本近世仏伝文学の世界」『近代化と伝統の間─明治期の人間観と世界観』(吉田公平・岩井

    昌悟・小坂国継【編】東洋大学国際哲学研究センター第1ユニット【著】)2016年、教育評論社、pp.92-144

 10 井上哲次郎・堀謙徳合著『増訂釈迦牟尼伝』前川文栄閣、1917年、pp.1-3

 11 岩井『前掲』pp.93-94

 12 黒部通善『日本仏伝文学の研究』和泉書院、1989年

 13 岩井『前掲』p.114

 14 『仏本行集経』(大正蔵3, p.701a)

◆プロフィール◆

岩井 昌悟(いわい しょうご) (1969年生)

 千葉県出身。東洋大文学部教授。東洋大大学院文学研究科修了。博士(文学)。専攻は仏教学。著書に『現代仏教塾』(共著・幻冬舎)、『近代化と伝統の間―
明治期の人間観と世界観』(共著・教育評論社)など。

(『CANDANA』284号より)


ページTOPへ

COPYRIGHT © Chuo Academic Research Institute ALL RIGHTS RESERVED.